enebularでNode-RED,KNXを通してBACnet RoomControlSimulatorの値を取得する方法

2021/12/2にオンラインで開催された「enebular developer meetup
」にて、「enebularでNode-RED,KNXを通してBACnet RoomControlSimulatorの値を取得する方法」について発表しました。

BACnetをご存知ですか?

スライド3

BACnetは、インテリジェントビル用ネットワークのための通信プロトコル規格である。ASHRAE、ANSI、ISOでの標準規格とされている。Building Automation and Control Networking protocol の略。空調、照明、アクセス制御、火気検出などの総合的制御に使われる。

BACnet – Wikipediaより

BACnetとは簡単にいうと、大規模なビルの設備制御に使われる国際規格化されたオープンな通信プロトコルのこと。

KNXとは?

スライド4

KNXは本部 ブラッセル/ベルギーのヨーロッパで生まれたホーム&ビル・オートメーション用プロトコルです。

BACnetが上位、KNXはその下にいる感じ

スライド5

ヨーロッパのオフィスビルや商業施設などでは、BACnetが上位、KNXはフィールドプロトコルとしてその下で使われるケースが多いです。

enebularとBACnetを絡めることで建築設備業界の方々にも興味をもってもらいたい

スライド6

今回の発表でenebularとBACnetについて触れたのは、BACnetをからめることでゼネコン・サブコンなど、建築設備業界の方々興味を惹きたいと思ったからです。

BACnetからのデータをenebularで取得

スライド7

今回やることは、BACnet Room Control Simulatorからのデータをenebularに送るというシンプルなもの。

BACnetにはIPとMS/TPがある

スライド8

BACnet IPであれば、Node-REDでもBACnetのライブラリがあるので扱いは簡単なのですが、信号線のタイプのBACnet MS/TPの場合にはそうもいきません。

INTESIS BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway

スライド11

今回は「INTESIS BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway」を使い、BACnet IPもMS/TPもどちらの場合であってもBACnetとつながる方法でご紹介しました。

INTESIS BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway 検証その1

データ連携イメージ

スライド9

デバイス接続イメージ

スライド10

KNXを入れる意味

スライド12

KNXを入れる意味は、BACnetに比べてKNXの方がコストや取り扱いにおいて手軽に扱えるということ。

KNX対応機器を発売しいるメーカーは世界中で500社以上なので、なにかやりたいとおもったことに使えるKNXのデバイスの選択肢がとても多いこと。

なによりも、私(中畑)自身がKNXの知見があるので、やりたいことを実現するデバイスや方法がっ見つけやすいこと。

以上がKNXのを入れる意味です。

まとめ

スライド13

以上、enebularとBACnetを連携させる方法についてご紹介しました。

BACnetは建築・設備業界で普及している国際基準の設備制御プロトコルであり、KNXとBACnetは相性がよく、お互いの弱いところをカバーすることができます。

また、enebluarとKNX、BACnetを組み合わせることで、より幅位広い顧客やアプリケーションにガチビジネス提案ができますので、ぜひ、IoTと設備制御を組み合わせて使う場合は、気軽にご相談いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。