BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway

INTESIS BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway 検証その2

INTESIS社の「BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway」の検証記事です。

*製品のユーザーズマニュアルの日本語訳を掲載しておりますが、実際に使用される場合は弊社(スマートライト株式会社)に相談いただくか、メーカー公式ドキュメントでの確認をお願いします。

今回はユーザーマニュアルのP.7 “BACnet interface”から確認していきます。

User Manual INKNXBACxxx0000

BACnet interface

概要

BACnetサーバーのデバイスは、デバイスがオブジェクトを保持する形で表現され、通常、物理的なデバイスはすべて論理的なデバイスに対応します。

オブジェクトは、表現するデータや機能に応じてさまざまなタイプがあります。アナログ入力、アナログ出力、デジタル入力、など。最大で23種類のオブジェクトがあり、アナログ入力、アナログ出力、デジタル入力、など。最大で23種類のオブジェクトがあります。

なお、出力はオブジェクトで、BACnetネットワークからデバイスに書き込まれ、入力はその逆です(BACnetデバイスのステータス情報を提供することを意図しています)。Valueオブジェクトは双方向となっています。

すべてのオブジェクトは、異なるプロパティを持っています。最も意味があり、このデバイスが値を読み書きする際に使用するのは、オブジェクトの実際の値を示すPresent Valueプロパティです。

デバイス内の同じタイプのオブジェクトはすべて、関連するオブジェクトのインスタンスで識別されます。

このデバイスでサポートされているBACnetオブジェクトは以下の通りです。

User Manual INKNXBACxxx0000 2021 10 29 21 25 32

*すべての信号は「関連するDevice」+「Object Type」+「Object Instance」で識別されます。

この製品は、BACnetシステムのクライアントデバイスとして動作するBACnetネットワーク内の仮想BACnetデバイスをシミュレートします。残りのBACnet機器との通信は、BACnetプロトコルを実装したゲートウェイのイーサネットまたはMSTP(RS485)ポートを介して行われます。

この製品は独自のBACnetオブジェクトを1つ実装しています。これはBACnet Device Objectで、BACnet Device IdentifierとBACnetデバイスとしてのIntesisの基本的なプロパティ(名前、ファームウェアバージョンなど)を含んでいます。

Intesisの設定ツールを使用すると、BACnetネットワークをスキャンして、利用可能なデバイスとそのオブジェクトを探し出すことができます。また、後で構成に直接追加することができます。

これにより、設定プロセスが容易になり、手動での入力を 手入力を避けることができます。

BACnet/IPとBACnet MSTPの物理層をサポートしています。一度に使用できる物理層は1つだけです。つまり、BACnet/IPでBACnetと通信する場合、BACnet MSTPは使用できず、その逆も同様です。

BACnet/IP

BACnet/IPでは、基本的なIP設定(IP、ネットマスク、デフォルトゲートウェイ)に加えて、通信ポートを設定します。デフォルトでポート47808(0xBAC0)を使用しますが、設定時に変更することができます。

BACnet/IPを使用している場合、デバイスは(別のネットワークドメインにあるデバイスと通信できるように)フォーリンデバイスとして動作することもできます。また、代わりにBBMD自体(Bacnet/IP Broadcast Management Device)を実装できます。

この機能により、他のネットワークの機器とIntesisがインストールされているネットワークの機器との通信が容易になります。

BACnet/IPとの通信では、IntesisのBACnet MSTPとの通信はできません。

BACnet MSTP

BACnet MSTPデバイスを選択する際には、コンフィギュレーションソフトウェアで設定するために、MACアドレス(MSTPネットワークセグメント内のアドレス)と関連付ける必要があります。

MSTP回線では以下のボーレートがサポートされています:9600、19200、38400、76800、115200またはAutobauding(自動検出)。

BACnet MSTPラインには、EIA485の標準的な配線ガイドラインが適用されます。

BACnet MSTPとの通信では、BACnet/IPとの通信はできません。

ポイントの定義

定義されたすべてのポイントには、以下のBACnet機能が関連付けられています。

機能 説明
BACnet
Device
定義可能なBACnetデバイスのリストからポイントが属するBACnetデバイスを選択します(最大256個まで)。
BACnet
object type
ポイントのBACnetオブジェクトタイプ。以下のBACnetオブジェクトタイプのいずれかになります。BACnetオブジェクトタイプは、Intesisでサポートされている以下のものです。

AI = Analog Input.
AO = Analog Output.
AV = Analog Value.
DI = Digital Input.
DO = Digital Output.
DV = Digital Value.
MI = Multistate Input.
MO = Multistate Output.
MV = Multistate Value.
LOOP = Loop
ACUM = Accumulator

統合したいポイントのBACnetオブジェクトタイプについては、統合するBACnet機器のドキュメントを参照してください。

BACnet
object instance
外部BACnetデバイス上のポイントのBACnetオブジェクトインスタンス。
統合したいポイントのBACnetオブジェクトタイプについては、統合するBACnet機器のドキュメントを参照してください。

なお、Intesisで使用する設定ツールでは、ネットワーク上の既存のBACnet機器、そのBACnetオブジェクトやタイプを発見し、後でコンフィギュレーションに直接追加することができます。 これにより、統合するすべてのBACnet機器上のすべてのBACnetオブジェクトに対して、上記の適切なパラメータを選択するプロセスが容易になります。

検証その2 まとめ

INTESIS社の「BACnet IP & MS/TP Client to KNX TP Gateway」のBACnetインターフェースの項を和訳してみました。

次回はKNXデバイスの項について和訳して検証します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です